塾アルバイトでワーキング|学生に勉強を教える仕事

塾で求められる人材

教卓

進学塾や学習塾では、どういう人材が求められるのでしょうか。教育の現場で働きたい人は、どういうことに意識することが必要になってくるのでしょうか。塾での仕事にはどういうものがあるのでしょうか。まず、塾での仕事は、先生という面があります。塾の社員やスタッフであると同時に、子供たちに指導をする先生でなければなりません。一般の企業と同じような株式会社としての塾であれば、経営に関する取り組みも大切な仕事になってくるのです。ある塾長の仕事内容について調べてみましょう。小学生や中学生、高校生の授業をメインにしながら、塾長として生徒やその保護者とも深く関わります。さらに、スタッフとコミュニケーションや調整も日々大切にしていることのようです。また、塾の運営に関する会議やミーティングも欠かせない重要な仕事になります。忙しい中でも隙間を作って、塾の会報を作成したり、他のスタッフの授業を見学するなど、実際に授業を教える以外のところでも情熱的に仕事に取り組む必要性が多いようです。そんな中でも生徒の悩みを聞いたり、進路の相談に乗ったりと、その業務内容は多岐に及び幅広いものとなっています。塾の経営企画の仕事としては宣伝などの広報活動をメインに、マーケティングを一手に担います。新しい教室の開校準備などは、物件調査や物件探しから始めています。教育に関する情報については常にアンテナを広げて、トレンドの波に乗り遅れないような姿勢が大切です。